ちゅらトゥースホワイトニングに副作用はあるの?

ちゅらトゥースホワイトニングに副作用はあるの?

 

「使うたびに歯が溶けだしたりしない?」
「危険な歯磨き粉って味覚が無くなるっていうけど…」
「口が沁みてしょうがないなんてことない?」

 

歯を白くするためにけっこう歯や歯茎、舌に負担をかけるっていうイメージありませんか?
たしかに、歯みがき粉の種類によっては危険と言われているものはいくつかあります。

 

でも、最初に書いておきますと、ちゅらトゥースホワイトニングには以下の副作用の危険がある成分は含まれていないです!

 

合成界面活性剤

一番有名な成分名は『ラウリル硫酸ナトリウム(発泡剤)』かと思います。
泡立ちを良くして、よく磨けたというスッキリ感を出す成分です。

 

この成分によって味覚がおかしくなったり、最悪味を感じられなくなる可能性があります。

プロピレングリコール

これは食品類(うどんやそば、餃子や魚介の燻製)、日用品(シャンプーや化粧品全般)で使われていることもあります。
毒性は低いものの、過敏症を引き起こした事例のある成分です。

 

歯みがき粉には、ほとんどこの2つの成分が含まれています。
なぜかというと…費用を抑えられるからですね(^^;)

 

要するに、歯みがき粉の製造コストを抑えるために安価な成分を選んだ結果こうなっているわけですね(汗)

 

まさに、お客視点ではなく、メーカー側の都合です。
ちなみに、ちゅらトゥースホワイトニングには研磨剤も含まれていないので、そこも安心してください(^^*)

 

成分表も載せているので、実際に確認されるとわかるかと思います。

 

>>ちゅらトゥースホワイトニングの成分に研磨剤は?危険?

 

それと、ちゅらトゥースホワイトニングを1本使い切っていますが、副作用は出ていません。
もちろん歯の状態が悪化したということもないです!

 

以前は、市販のシュミテクト(フッ素入り)だと虫歯が一切できず好きだったんですが、いまはそれ以上にこっちにハマっています♪