ちゅらトゥースホワイトニングは差し歯を白くできる?

ちゅらトゥースホワイトニングは差し歯を白くできる?

 

欠損した歯を補ったり、1本丸ごと歯をキレイに復活させるのに差し歯はとても便利ですよね。

 

でも…そんな便利な差し歯も、いろんな理由によってどうしても黄色くなってしまいます。

 

そんな差し歯、ちゅらトゥースホワイトニングで白くすることは可能なんでしょうか!

 

その答えから書きますが、残念ながら白くすることは限りなく不可能に近いです…

 

どうしてなのか、その理由を書いていきますね。

 

理由@.吸水性が高い&経年劣化する

差し歯はそもそもコンポジットレジンと呼ばれるプラスチック製の樹脂でできています。
セラミックと比べると値段は安く済むのはメリットなんですが、汚れがくっつきやすいんです。

 

コーヒーや紅茶、カレー、清涼飲料水…いろんな黄ばみ汚れを引き寄せやすいです。

 

また、差し歯は日々劣化していきます。
長年使えば黄ばむのはどうしても避けられません。

理由A.差し歯はキズつきやすく治らない

ホンモノの歯は、脱灰と再石灰を繰り返します。
脱灰で歯が溶けても、唾液で再石灰化して歯は修復します。

 

でも、差し歯にはそれがありません。
キズつけばそのままで、そのキズ口から着色しやすく、黄ばみが悪化しやすいです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは歯の表面の汚れを落とすものなので、差し歯の表面の汚れを落とすことは可能です。

 

ただ、黄ばみの悪化をある程度防げても白くするのはあまり期待しないほうが良いかと思います。

 

差し歯の為にホワイトニング歯磨き剤を購入するくらいなら、新しく差し歯を作り直すほうが圧倒的に手間はかかりませんし、お金もムダにはならないですよ!