ちゅらトゥースホワイトニングはちゃんと虫歯予防もしてくれる?

ちゅらトゥースホワイトニングはちゃんと虫歯予防もしてくれる?

ちゅらトゥースホワイトニングはちゃんと虫歯予防もしてくれる?

 

ホワイトニング歯磨き剤といえば、もちろん歯を白くすることが大切な役目ですよね!

 

でも、虫歯や歯周病から守る歯磨き剤としての役割はどうなんでしょう?

 

せっかく歯を白くして美しくしても、虫歯ができてしまったり、歯周ポケットにすき間ができたり、歯肉が下がったり…
そんなだらしない歯になってしまったら最悪ですよね…

 

公式ショップを見ると、『GTO』が虫歯リスクをとことん減らすと書いているんですが、まったく聞いたことないような成分名です。

 

歯を守る成分っていったらお馴染みのフッ素”、ハイドロキシアパタイト”あたりなんですが、そのどちらでも無いようですし…

 

また、ちゅらトゥースホワイトニングは、ふつうの歯磨きのあとに使うっていう2度磨きを推奨しています。

 

「それってもしかして歯を守る歯磨き剤としての力が弱いからなんじゃ…?」

 

と疑いたくなるかもしれません。

 

でも、わたし自身、いまはちゅらトゥースホワイトニングで朝と晩で1回ずつしか使っていませんが虫歯にはなっていません(^^*)

 

ちゅらトゥースホワイトニングを使い始めてから何か月かして念のために歯医者で検診を受けたことがありました。

 

とくに虫歯が悪化しておらず良い状態だと診断されて、ちゅらトゥースホワイトニングだけできちんと虫歯や歯周病を防ぐ歯磨き剤としての役割&ホワイトニング効果があるんだなと感じました!

 

きちんとしたブラッシングも重要?

ちなみに、どんなに歯磨き剤が優秀だとしてもブラッシングがいい加減だと歯はもちろん白くなりにくく、虫歯にもなりやすいそうです。

 

ブラッシングで重要なブラシ圧や、磨く幅など、歯磨きの方法は意外と奥が深く、きちんとした歯磨きをするだけでも虫歯リスクは大きく違ってきます。

 

『スクラビング法』と『バス法』を駆使してちゅらトゥースホワイトニングを使い続けることで、より健康的で明るい歯を目指せますよ!