ガンコな歯の茶渋の落とし方!ちゅらトゥースホワイトニングと塩!?

ガンコな歯の茶渋の落とし方!ちゅらトゥースホワイトニングと塩!?

 

・お茶(緑茶や紅茶、ウーロン茶など)に含まれているタンニン”
・コーヒーなど焙煎して出てくる褐色色素やカフェイン”
・炭酸飲料など清涼飲料水に含まれる人工の着色料”

 

あらゆる着色成分が歯を汚していくんですが、全体的な歯の黄ばみとは違う、部分的な歯の着色…いわゆる『茶渋』!

 

がんばって歯磨きをしてもまったく取れず、どんどん悪化していくとイライラしてしょうがないですよね(^^;)

 

このガンコな茶渋、いったいどうやって取り除けばいいんでしょうか?

 

塩のパワーを借りる!?茶渋を落とすその仕組み!

よく、マグカップで紅茶なりコーヒーなり飲んでいるとだんだんと茶渋がくっついてきて汚くなりますよね。

 

アレと歯の状態はほとんど同じ状態なわけなんですが、たとえば塩をスポンジにすこしつけて、マグカップを磨いていくと茶渋は落ちていきます!

 

なぜかというと、タンニンやカフェインなどの着色成分は、塩に結びつく性質を持っていて、汚れを吸着して落としてくれるんです。

 

歯医者でも、エアフローという機材を使った『クイックジェット』という塩粒を歯に吹き付け汚れを飛ばす方法があり、塩は意外とオーラルケアとして使われることが多いです。

 

…とはいえ、市販の粒の大きい塩とスポンジで歯を磨くと傷つきますし、再石灰(歯の修復)を促すという意味でも

 

・天然塩(歯に良いカルシウムなどミネラルが豊富)を水に溶かして粒感を無くす
・柔らかめの歯ブラシで歯を1本ずつやさしく磨く

 

といった形で塩歯磨きを試したほうが良いかと思います。

 

茶渋が気になっている方は一度塩歯磨きを試してみてください。

 

塩歯磨きだと歯の全体の黄ばみ除去としては弱い?

塩歯磨きは茶渋は落としやすいですが、歯の全体的な黄ばみを取るほど優秀ではありません

 

何枚もの薄い黄ばみのフィルターがかかった歯は、溶かして落とすほうが効率が良いです。

 

その黄ばみ除去の役割としては、ちゅらトゥースホワイトニングのほうが優秀ですね!

 

個人的には

 

最初は塩で歯磨きをする ⇒ ちゅらトゥースホワイトニングでフィニッシュ!

 

という流れで歯磨きをすると、茶渋&黄ばみ除去をして歯をより白くできると思います!