ちゅらトゥースホワイトニングの正しい磨き方!ステップ1〜3!

ちゅらトゥースホワイトニングの正しい磨き方!ステップ1〜3!

 

もしかしたら、使う方によってはちゅらトゥースホワイトニングを最初から使っている方がいると思います。

 

それでもとくに問題はないんですが、できればちゅらトゥースホワイトニングはふつうの歯磨きの後に使ったほうがもっと効果的です!

 

ここでは、そのもっと効果的な正しい使い方を3つのステップに分けました!

 

これからちゅらトゥースホワイトニングを始めようかと考えている方は、ぜひ実践してみてください。

 

ステップ@.ふつうの歯磨きで食べかすや磨けば落ちる汚れを落とす

基本的に、食後は食べかすや油の汚れなどが歯に付着しています。

 

ちゅらトゥースホワイトニングの効果を落としてしまうので、事前に落としましょう!

 

ちなみに、歯磨き粉はつけてもつけなくても大丈夫です。

 

ただしいブラッシングで最低3分ほどていねいに磨けば十分に落ちます。

 

正しいブラッシング法

 

そのあとは、しっかり強めにうがいを数回してください。

 

ステップA.ちゅらトゥースホワイトニングを歯全体にまんべんなく付けるイメージで

そうしたら、次にちゅらトゥースホワイトニングをブラシにパール2粒分くらいつけて、まずは歯全体にさらっと塗っていくイメージで磨いていきます。

 

時間が経つと唾液が増えていきちゅらトゥースホワイトニングの成分が薄れてしまうので、先に歯全体になじませていきましょう!

 

そのあとは、いつも通りていねいな歯磨きを3分ほど行ってください。

 

ステップB.1回ゆすぎ⇒軽くブラッシング⇒1回ゆすぎ

磨き終えたら、軽く1回だけゆすぎます。

 

そのあと、また軽く全体を磨いてから、もう一度軽く1回だけゆすぎます。

 

これでOKです!

 

これを1日2回、できれば食後に間をあけずに磨くことをオススメします!

 

その理由ですが、ホワイトニング効果を高めるというよりは、歯の健康のことを考えて…になりますね。

 

食後すぐに歯を磨くのってOKなの?
テレビなどで食後は30分あけてから磨く説がありましたが、あれが当てはまるのは

 

・酸蝕歯(歯が溶けて薄くなっている方)
・酸性の強い食べ物や飲み物を習慣的に摂っている方

 

で、歯がもともと溶けている、溶けやすい状態の方です。

 

そうでない方が食後30分放置するのはむしろ歯が溶けるのを黙ってみていることになります。

 

食後は早く磨くことをオススメします。

また、コスパは若干悪くなりますが、休日など1日3回と数を増やすことでより効率的に歯を白くすることが可能ですよ!