ちゅらトゥースホワイトニングの成分に研磨剤は?危険?

ちゅらトゥースホワイトニングの成分に研磨剤は?危険?

 

世に出回っている歯みがき粉で、必要がなくてむしろ邪魔なものといえば…

 

・『研磨剤』
・『発泡剤』

 

あたりが思い浮かぶんじゃないかと思います。
研磨剤といえば、歯を必要以上に削ってしまうことで有名ですよね。

 

もちろん、歯ブラシの圧力で磨きすぎても削れるので、力の強い方で研磨剤入りの歯磨き粉を使っている方は、ダブルで歯を傷めてしまっています!
歯の表面のエナメル質を削るってことは

 

・歯のキズのすき間から汚れが侵入して着色しやすくなる
・虫歯や歯周病の原因になる

 

といった原因にもなるので避けたいところ…

 

発泡剤(泡立たせる)は、磨いた気にさせてしまい歯磨きがいい加減になりやすいです。
泡を吐き出すために何度もうがいをするので、フッ素などが配合されていたらそれごと流されてしまいやすいです…

 

せっかく歯をコーティングして守るフッ素も、うがいで流れてるんじゃ意味ないですよね(汗)

 

研磨剤と発泡剤、この2つはちゅらトゥースホワイトニングの中には含まれていないそうですけど…実際のところはどうなんでしょうか!

 

成分を実際に見ながら確認したいと思います。

 

ちゅらトゥースホワイトニングのすべての成分は?

基材:

精製水

潤滑剤:

濃グリセリン、オウゴンエキス、シャクヤクエキス、レモンエキス、1.3-ブチレングリコール、DL-リンゴ酸、
アスコルビン酸、ポリアスパラギン酸ナトリウム液、ウーロン茶エキス、茶エキス(1)、ホップエキス

清涼剤:

エタノール、I-メントール、無水エタノール

pH調整剤:

無水クエン酸、メタリン酸ナトリウム

粘度調整剤:

キサンタンガム、カルボキシメチルセルロースナトリウム

可溶化剤:

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

矯味剤:

ステビアエキス、キシリット

着香剤:

香料(スペアミント)

保存剤:

安息香酸ナトリウム

薬用成分:

アラントイン、イソプロピルメチルフェノール

安定剤:

天然ビタミンE

着色剤:

青色1号

 

研磨剤は別名『清掃剤』と呼ばれていて、商品パッケージの裏側を見るとこれが書かれていると思います。

 

 

【研磨剤の種類】
・含水ケイ酸
・酸化チタン
・重質炭酸カルシウム
・シリカ
・リン酸水素カルシウム

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングにはこういった成分は含まれていないので、たしかに研磨剤は含まれていないようです!

 

次に、発泡剤ですけど…

 

【発泡剤の種類】
・ラウリル硫酸ナトリウム

 

ほぼすべての歯磨き粉にはこのラウリル硫酸ナトリウムが使われているようです。
でも、これもちゅらトゥースホワイトニングには含まれていないので、こちらも心配はいらなさそうです!

 

ホワイトニング歯磨き粉にはありがちな研磨剤や発泡剤ですが、ちゅらトゥースホワイトニングには含まれていないので安心してください(^^*)