ちゅらトゥースホワイトニングはどんな歯の黄ばみに効果あり?

ちゅらトゥースホワイトニングはどんな歯の黄ばみに効果あり?

 

歯の黄ばみと一口にいっても、原因はいろいろとあります。

 

あなたの歯の黄ばみはいったいなんでしょうか?

 

原因の種類によっては、ちゅらトゥースホワイトニングの効果が抜群になったり、まったく効果が無かったりするかもしれません。

 

事前にきちんと把握されたほうが良いです!

 

ちゅらトゥースホワイトニングがどんな方に合うかというと…?

■タバコのヤニやコーヒーなどでできた黄ばみ
■紅茶や緑茶などタンニンが原因で歯の一部にできる茶渋(茶色っぽい汚れ)
■歯垢による歯の根元付近の黄ばみ

 

逆に、ちゅらトゥースホワイトニングが合わない方は…?

■遺伝などによるエナメル質形成不全、または象牙質がもともと濃く黄色い方
■幼少期に摂取していた薬の副作用(主にテトラサイクリン系の抗生物質)
■歯石による根本付近の黄ばみ

 

あなたはどちらに当てはまりましたか?

 

ちゅらトゥースホワイトニングで効果が期待できるのは、一言で言えば歯の表面が黄色い方になります。

 

逆に、効果が期待できないのは歯の内側が黄色い方ということになります。

 

もしも「小さいころからずっと歯は黄色いまま…」っていう方だとちゅらトゥースホワイトニングは合わないので、歯の内側(象牙質)から白くする治療をされることをオススメします。

 

>>自宅で簡単!【白さ輝く笑顔へホワイトWスター】

 

逆に、もしも「最近になって突然歯の黄ばみが濃くなってきた」とか、「前歯付近に急に茶色いシミのようなものができた」という方でしたら、ちゅらトゥースホワイトニングは使ってみる価値は十分ありますよ!