ちゅらトゥースホワイトニングの効果UP 歯の着色を落とす重要な点

ちゅらトゥースホワイトニングの効果UP 歯の着色を落とす重要な点

 

ちゅらトゥースホワイトニングを効果的に使う為には、歯について知ることも大切です。

 

・歯にくっつく黄ばみ汚れの正体は?
・黄ばみ汚れを落とす為にはどうすればいいのか

 

これを知ることで、もっと効率よく歯の汚れを落として白い歯を目指せると思います。

 

参考にしてみてください。

 

歯にくっついている汚れの原因について

歯の汚れと一口にいっても、実際はいくつかの種類があって、それによって黄ばみをどの程度の期間で白くできるかも変わってきます。

 

■日々蓄積される食べ物・飲み物の黄ばみ汚れ
■歯磨き不足でのバイオフィルム(歯垢)、歯石
■お茶、緑茶などタンニンが原因の茶渋

 

この中で厄介なのが食べ物や飲み物の黄ばみです。

 

いくらちゅらトゥースホワイトニングが黄ばみ汚れを落とす効果が高いからといって、1日1回の歯磨きと比べると、

 

・1日3食(人によって違いますが…)の黄ばみ汚れの付着
・タバコの習慣
・着色成分たっぷりの炭酸飲料、色の濃い飲み物

 

など、歯が汚れる機会が圧倒的に多ければ、なかなか歯を白くするのに時間がかかると思います。

 

1日3回ちゅらトゥースホワイトニングを使えれば良いんですが、仕事やプライベートで1日1回ペースとなかなか使う機会が少ない方も多いんじゃないでしょうか。

 

歯の着色を落とす為の重要な点

ちゅらトゥースホワイトニングを1日1回しか使えない場合、歯の着色を落とす為に大切なのは

 

・正しい歯磨きの仕方を身につけること
・着色汚れが付くのを防ぐこと

 

歯の黄ばみを除去するだけじゃなく、健康的な白い歯をキープするためには、攻撃と防御の2つが重要なんです!

 

正しい歯磨きについて

まず、歯ブラシは基本的に柔らかめ〜ふつうで十分です。

 

硬い歯ブラシだと歯をいたずらに傷つけてしまうリスクが高く、メリットが無いです。

 

磨くときは、ゴシゴシと複数の歯を同時に磨くのではなく、1本1本丁寧に磨きます。

 

歯ブラシの圧はあまり強くする必要はありません。

 

ペングリップ(名前どおり鉛筆持ちのイメージ)で磨きます。

 

イメージとしては、親指と人差し指で摘んで磨くぐらいのちからで大丈夫です。

 

 

歯を白くするだけじゃなく、健康な歯をキープする為には必須です!

 

歯の着色汚れを防ぐ為に

基本的に、食後はなるべく時間を空けずに磨きましょう。

 

テレビでよく食後30分あけてくださいと放送されていたことがありますが、あれは酸蝕歯(歯が溶けてエナメル質がかなり薄い方)の方に対してのメッセージです。

 

むしろ、本来は食後30分は歯の脱灰(歯が溶ける)のちからが強いので、歯が溶けるのをただジッと見ていることになります。

 

また、時間が経つごとに歯の黄ばみはどんどん固着して取れにくくなるので、早めの対処が大切です。

 

その点を考えると

 

・食後に水でうがいをする
・食後にガムを噛む
・食後に舌で軽く歯をなぞる

 

などの対処も役立ちます。

 

「なにがあってもちゅらトゥースホワイトニングさえ使えば効果が出るんでしょ?」
「こんな高いお金払っているし、口コミでも評判高いんだから数日とかですぐで白くなるでしょ」

 

という考えではなく、歯を白くする為のちょっとした工夫や努力をしたほうが、より健康的で白い歯を目指せます!

 

あなたがもしもちゅらトゥースホワイトニングを使うようでしたら、上に書いた点を意識して実践してみてください♪

 

>>ちゅらトゥースホワイトニングを体験した話『体験口コミ』